読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello the Masking Face 店主敬白&番頭日記

釣具を扱うビンテージタックルウェアハウス「Hello the Masking Face」の主と番頭が綴る日記です。

番頭日記20140703 フライフィッシング、やったことありますか?

どうもどうも。
とある事情が原因で、長野市に住むごく一部のかたがたから「日本語を流ちょうに話す謎のアジア人」と思われているらしい番頭です。
ここをご覧になっているかたのほとんどは、釣りをされると思うのですが、皆さんやっぱり、ルアーが中心ですかね? フライフィッシングもする、ってかたもいらっしゃるにしても、そう多くはなさそうと思っているのですが、どうでしょう?


今までも何度か書いていますが、番頭、自分で毛鉤こそ巻かないものの、3〜4年前からテンカラ、昨年くらいからはフライフィッシングも少しだけ嗜むようになりました。
テンカラもフライフィッシングも、ラインの重さで毛鉤を飛ばす、という点で、魚を手にするためのプロセスが、ほかの釣りとはえらく違っているように思います。
特にキャストするときのラインの長さが不定長であるフライフィッシングは、コツを掴むのが大変! どうしてもルアーやほかの投げ釣りでのクセが抜けず、番頭、未だにフライのキャスティングでは「これ!」という感覚が掴めません。
そのくせ、同行者が連れて行ってくれる場所が管釣りとか忍野とか、魚影の濃いところばかりなものですから、おかしいなぁ、うまくいかないなぁ、と思っていながら、魚だけは釣れてしまい、中途半端に満足してしまう状況が続いています。
毎回、釣れるのは目の前、キャストの必要もないような近距離勝負なのです。


せめてまともに投げられるくらいには上達したいな、と思っていたところ、とてもいい動画集を教えていただきました。フライ用品のメーカーとしては国内最大手であるティムコさんが作成した「フライフィッシング入門」です。



道具の基本から、キャスティング、そして初心者が陥りそうな問題の解決、実釣など、その内容は多岐に渡り、とても見応えがあります。
今のところ、フライフィッシングの予定などまったくないのですが、来たるべきその日に備えて、この動画で勉強しようかと思っているところです。


ちなみに当店では現在、ヤフオク!とWebショップを通じて、Abu Garciaのフライリール「Abu Garcia Diplomat 278」を販売中です。高級品、とは言いがたいものの、ディスクドラグ装備ですし、細かいところに工夫が利いていて、なかなか使いやすいものに仕上がっていると思います。
ほかにも屋号の理由となっているクローズドフェイススピニングリールをはじめとする覆面リールなど、さまざまなリールを販売しています。

「Hello the Masking Face」Webショップ
http://shop.maskingface.com/

ヤフオク
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/shok914

皆さまのご利用、お待ちしています。
それでは、「Hello the Masking Face」をどうぞご贔屓に。