読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello the Masking Face 店主敬白&番頭日記

釣具を扱うビンテージタックルウェアハウス「Hello the Masking Face」の主と番頭が綴る日記です。

番頭日記20140714 小さいけど綺麗なヤマメが遊んでくれました。

どうもどうも。
番頭です。
台風8号が通り過ぎて以来、暑い日が続きますね。
釣り好きがますます水辺の景色を渇望する季節です。
釣り、行ってますか?



番頭はといえば、先日、今季になって2度目の渓流へ行ってきました。
「何をしても釣れた」のが前回なら、今回は「何をしても釣れない」、そんな1日でした。
たった2週間で渇水が進み、状況は激変。
ルアーを引いてもチェイスがない。追っても食わない。食っても浅い。
ルアーを変え、アクションを変え、狙いどころを変え。
いろいろ策を弄したつもりなのですが、基本的なテクニックと経験の不足はいかんともしがたく、極端な状況下ではさして効果もありません。
けっきょくなんとか1匹を釣るのがやっとでした。
でも、こういう日は、たとえ1匹でも、そしてそれが小さかったとしても、釣れたという事実がとても、とてもうれしいものです。
特にこの日釣れた1匹は、パーマークも鮮やかで、なんとも艶めかしい美しさでした。
こういう魚に出会えると、雌雄の別なく「山女魚」という字を当ててしまった先人の気持ちがとてもよくわかる気がします。
山間の景色の素晴らしさと、釣れる魚そのものの魅力。
渓流釣りって、ホントに楽しいです。


ところで。
とあるSNSで、
「川で転んで鎖骨とアバラ骨折+前腕3針縫合、退渓したらバイクが盗まれて派手に壊れて道端に転がっていたというなんだかな、な日でした」
なんていう報告を目にしました。
どんなに慣れた場所でも、どんなエキスパートの人でも、こうした事故に遭う可能性はあります。
釣りという遊びは自然が相手ですし、ほとんどが人気のないところで行うものです。
怪我をしたのが足だったら身動きが取れず、命に関わる危険性だってあります。
できれば単独釣行を避け、どこなら携帯電話が通じるのかといったことを、普段からマメにチェックしておきましょうね。


さて。
「Hello the Masking Face」は、Webショップとヤフオク!を通じ、屋号の由来となっているクローズドフェイススピニングリールをはじめ、さまざまなリールを販売しています。

「Hello the Masking Face」Webショップ
http://shop.maskingface.com/

ヤフオク
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/shok914

皆さまのご利用、お待ちしています。
それでは、「Hello the Masking Face」をどうぞご贔屓に。