読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello the Masking Face 店主敬白&番頭日記

釣具を扱うビンテージタックルウェアハウス「Hello the Masking Face」の主と番頭が綴る日記です。

番頭日記20150317 素敵なロッドスタンドを発見。

どうもどうも。
またもやご無沙汰しています。番頭です。

ここをご覧の皆さまは、どんな釣りをなさっているのでしょう?
おそらくはルアーフィッシングが中心だとは思いますが、「この魚しか狙わない」というかたは、どちらかというと少数派なのではないかと思うのですが、そんなことはありませんか?
近年、ルアーフィッシングの対象魚は増加の一途を辿っていて、昔では考えられないような魚種に対する釣法も次々と確立。
さらには、ある程度、釣り人に認知されるや否や、すぐに専用のロッドが発売されたりして、驚かされるばかりです。
一度に投げられるロッドは、確かに1本きり。
しかし、日本におけるルアーフィッシングがそんな状況ですから、あの釣り、この釣り、と手を出してしまい、気づけば持っている竿の数は、驚くほどの本数に……。
なんてことになってやしませんか?

……。
すいません。番頭、まさにそんな状況です。

本数が増えてくると、問題になるのが、保管方法です。
ひとつひとつ竿袋に入れて保管するのがもちろんベストなんでしょう。
けれど、よく行く釣りのお気に入りのロッドなんかは、すぐに持ち出せるようにしておきたい、目に見える場所に飾っておきたい、なんていうのも、釣り人としての自然な欲求ですよね。
番頭の家では、24本用の木製ロッドスタンドに、お気に入りの竿、よく行く釣りの竿を並べています。
無塗装の白木作りで、スペースを取らないわりに多くのロッドを立てておくことができ、けっこう気に入っています。
が、先日、さらに素敵なロッドスタンドを発見してしまいました。
「家具職人のつくったロッドスタンド」です。

◆「家具職人のつくったロッドスタンド」

http://rodstand.uedaya.biz/

香川県高松市で居を構える釣り好きの家具職人さんが作ったという、そのものズバリなネーミングのこのロッドスタンド、立てておくロッドに合わせた穴の大きさ、収納本数、形状と、非常に多くのバリエーションが用意されています。
しかも、その多くはインテリアとしての飾り棚を兼ねているところが、ポイントです。
ビンテージなリール、タックルボックス、ルアーなんかと組み合わせてディスプレイするものいいですし、釣りから離れ、観葉植物なんかを飾っておくと、奥様の冷たい視線が若干和らいだりなんてこともある、かも?

ともあれ。
小さいお子さんがいるご家庭では釣道具を出しっぱなしにしておくのは難しいでしょうが、多くの釣り人にとって、とても魅力的な商品と言えるのでは?
どうです? おひとつ。


さて。
当店は、Webショップを中心に、10台以上のビンテージリールを販売中です。

「Hello the Masking Face」Webショップ
http://shop.maskingface.com/

また、現在はセール品として、Webショップよりお求めやすい価格で「Abu 502」と「Abumatic 1075」を出品中です。

「Hello the Masking Face」ヤフオク!出品中アイテム
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/shok914

皆さまのご利用、心よりお待ちしています。
それでは、「Hello the Masking Face」をどうぞご贔屓に。