読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello the Masking Face 店主敬白&番頭日記

釣具を扱うビンテージタックルウェアハウス「Hello the Masking Face」の主と番頭が綴る日記です。

番頭日記20151017 八戸市第2魚市場で、11.5kgのスズキが水揚げ!

どうもどうも。番頭です。
八戸市第2魚市場で、11.5kgのスズキが水揚げされた、とのこと。
 
 
「ハマに“主”現る 巨大スズキに驚き

デーリー東北新聞社 10月17日(土)10時59分配信

ハマに“主”現る 巨大スズキに驚き

市川沖の定置網に入った重さ11.5キロのスズキ

 ひとたび大物や珍しい魚が揚がれば表情がパーッと明るくなるのが、ハマの仕事に従事する人たちのいいところ。八戸市第2魚市場で16日、市川沖の定置網に入った重さ11.5キロのスズキが水揚げされ、市場関係者らは「こんな大きなスズキは見たことがない」と一様に目を丸くした。

 関係者によると、通常上場されるのは3〜4キロで、まれに揚がる大きいサイズでも6〜7キロ。“特ダネ”はすぐ場内に広まり、集まった仲買業者らは「40年近く市場に来ているが、初めて見た」などと沸き立った。

 腹も大きくふくらみ、まるで主のような風格。ある業者は「よく捕れたというより、よくもいままで捕られなかったな」と感心しきりだった。」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00010002-dtohoku-l02
 
 
確かに大きいですね。
マルスズキなのか? それともヒラスズキなのか? 全長はどれくらいなのか?
もうちょっと詳しい情報が知りたくなりますね。
番頭が釣ったシーバスの最大サイズはせいぜい65cmといったところなんですが、たまにメーターオーバーなんていう大物の写真が回ってきたりしますよね。
11.5kgという重さのシーバスは、はたしてどんなもんだろう?と気になって調べてみたところ、釣具店「ポイント」のWebサイトにたどり着きました。
 
 
シーバス(スズキ)釣り情報 ポイントデータベース
http://www.point-i.jp/fish/turiinfos/search/sakana_id:30/sort:nagasa/direction:desc
 
 
ここにはお客さんが釣り上げた大物の写真とサイズ、重量がまとめられた釣果ページが用意されていて、魚種ごとの検索もできるんですね。
魚名として「シーバス(スズキ)」を指定し、大きさ順に並べ替えてみたところ、いやびっくり。
このニュースで取り上げられているものより大きな、13kg、14kgといった釣果まであるじゃないですか。
こんなの釣っちゃったら、自己記録を塗り替える楽しさをそれ以上味わえなくなりそうな……。
いやいや。
とりあえずわかったのは、メーターを超えてても10kgにいかない個体もある、ってこと。
そう考えると、とりあえずこの八戸市第2魚市場に水揚げされたスズキはメーターオーバーは確実なようですね。 
ふと気づけば、今年は一度もシーバス釣りに行ってません。
潮回りのいい日を狙って、ひさびさに行ってみようか? と、そんな気分になりました。
 
 
さてさて。
当「Hello the Masking Face」では、WEBショップにおいて、当ページの写真アルバムで紹介しているビンテージなリールを販売中です。

「Hello the Masking Face」Webショップ
http://maskingface.theshop.jp/

軽さやギアの滑らかさなど、絶対的な性能では最新のリールに適わない部分もありますが、その分、今の製品にはない優美な装飾やユニークな機能を持ったものも少なくありません。
釣りという遊びで使う道具ですから、絶対的な性能を追い求めるだけでなく、こうした道具の“味”を楽しんでみてはいかがでしょう?

皆さまのご利用、お待ちしています。
「Hello the Masking Face」をどうぞご贔屓に。