読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello the Masking Face 店主敬白&番頭日記

釣具を扱うビンテージタックルウェアハウス「Hello the Masking Face」の主と番頭が綴る日記です。

番頭日記20170201 釣場でコーヒー。

どうもどうも。
番頭ですかそうですかそうですそうです番頭です。
もう今日から2月ですって。早いですね。
 
釣場で淹れ立てのコーヒーが飲みたいなぁ、なんて思うこと、ありませんか?
一応、コールマンのパーコレーターは持っているのですが、自動車免許のない番頭の場合、渓流釣りはいつも人様のクルマに乗せていただく身でありまして、これだと不相応にかさばるのが困りもの。
また、ワイヤーを螺旋状に曲げて作られた「ユニフレーム」の「コーヒーバネット」も持っています。
 

コーヒーバネット grande | ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー

https://www.uniflame.co.jp/product/664018

 
が、これは購入当初の目論みと違って家でコーヒーを淹れるときに大活躍しているので、外でもと考えると、もうひとつ買った方が都合がよいという状況に。
どうせ新たに買うことになるなら、気に入ったドリッパーをゆるく探そう、なんて思って、そろそろ1年が経ちます。
 
ところで、番頭、長野市にある善光寺近辺の街並みが大好きで、年に何度か、遊びに行くんですね。
昨年末のこと。
長野に遊びに行ったときはたいてい寄ることにしているアウトドアショップ「NATURAL ANCHORS」さんというお店で、頼まれものとして「MUNIEQ」の「Tetra Drip 01P」というドリッパーを買ってきました。
 

naturalanchors.com

「MUNIEQ Tetra Drip 01P」

http://www.munieq.com/product-page/2962f550-2ed9-339f-b54f-aa53c100507d

 
3枚の板を組み合わせて作る携帯用のドリッパーで、アイデアとデザインが秀逸。
円錐でなく、三角錐となるので、実使用での使い勝手は若干の疑問が残りはしますが、それを差し引いてもこの機能美は素晴らしいものがあります。
ただ、その3倍くらい高いステンレス製の製品もあって、耐久性などを考えるとそっちに軍配が揚がるんですよね。
店主のかたも、ステンレス製をオススメしてました。
 
うぅん、樹脂とステンレス、どっちも捨てがたいなぁ、なんて悩んでふと横に目をやると、つり人社の「鱒の森」で見かけて以来、ずっと気になっていた「GSI ウルトラライト ジャバドリップ」が置いてありました。
 

GSI ジーエスアイ ウルトラライトジャバドリップ:エイアンドエフ オンラインストア【公式通販サイト】

http://gsioutdoors.jp/product/beverages_partyware/coffee_espresso_makers/#tag=.showall

 
この製品の魅力は、ペーパーフィルターがいらない、ってところ。
カップの縁を挟む構造の支柱が樹脂製で、耐久性と強度に若干の不安を感じないでもないものの、携帯性と使い勝手は見るからに良好そうです。
 
ただ、家に帰ってきて調べてみると、メーカーサイトに製品情報がないんですよね。
 
コーヒー&エスプレッソメーカー | GSI OUTDOORS(ジーエスアイ)公式サイト
http://gsioutdoors.jp/product/beverages_partyware/coffee_espresso_makers/#tag=.showall

 
流通在庫のみでもう製造は中止されている、ってことなんでしょうか?
まぁ、こうしていくつもの通販サイトをはじめ、前述の「NATURAL ANCHORS」さんでも買えるわけで、問題はないんですけれど。
 
世の中には1杯分の豆がセットされた使い捨てのドリップバッグなんていう便利なものもありますし、番頭個人の渓流解禁まで、まだけっこう間があります。
急ぐ話でもないので、何にしようかなぁ、なんてことを、ふと思い出したときに、つらつら考えている、今日この頃。
ここをご覧の皆さまは、釣行時のコーヒーブレイク、どんな道具立てで楽しんでらっしゃいますか?
 
 
さてさて。
「Hello the Masking Face」のWEBショップでは、当店Facebookページの写真アルバムで紹介しているビンテージなリールを販売中です。
 
「Hello the Masking Face」Facebookページ

https://www.facebook.com/themaskingface/

 
「Hello the Masking Face」Webショップ

http://maskingface.theshop.jp/

 
当店で扱っているようなリールは生産を終えてから、10年、20年、30年と経たものばかり。釣具屋へ行けば買えるようなものではなく、まさにその出会いは「縁」としか言いようがありません。
これら品揃えに、ご縁を感じるものを見つけていただけたなら、幸いです。
 
皆さまのご利用、お待ちしています。
「Hello the Masking Face」をどうぞご贔屓に。