読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hello the Masking Face 店主敬白&番頭日記

釣具を扱うビンテージタックルウェアハウス「Hello the Masking Face」の主と番頭が綴る日記です。

番頭日記20150602 驚愕の「マグロ」と「ゴライアス・グルーパー」、それと、「Abu 506」のこと。

どうもどうも。
今年はまだ魚を1匹も釣ってない、「元釣り人」な状態の番頭です。
皆さん、釣りは行ってますか? 行ってますか。
そうですか。ちぇ。いーなー。


なんて。
「いーなー」とか言ってますが、実のところ、自分でも不思議なくらい、もどかしい思いはしていません。
Facebookでシェアされてくる釣り友達の釣果写真だったり、世界のあちこちで撮影された釣りの動画なんかを見るだけで、けっこう慰められてます。
そういえば、先日は俳優の松方弘樹さんが、自己新記録となる巨大なマグロを釣ったと報道されていましたね。
その重量、なんと361キロ!
市場に出されたそのマグロは、築地の寿司チェーン店「すしざんまい」が184万円で落札した、とのこと。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1505/31/news007.html

今までに見聞きしたこの手のニュースに比べると、落札金額が若干、安いようにも思われますが、それでもスゴい金額です。


で、このマグロのニュースにも驚きましたが、もっと驚いたのは、こちらの映像。

Cape Coral Man lands Largest Kayak Bottom Fish Ever!


カヤックとさして大きさが変わらない魚をかけてしまった釣り人の興奮が、見る者にもびしばしと伝わってきますよね。


この魚は、イタヤラ、ゴライアス・グルーパーなどと呼ばれるハタの仲間
メキシコ湾に面するフロリダ州はケープ・コーラルで撮影された動画のようです。
魚の大きさも相当ですが、何より驚くのは、ファイトしている場所。
桟橋の目の前じゃないですか!
もしかしたら、フックアップしたあとでここまで引っ張られてきたのかもしれませんが、それにしたところで、岸からさして離れたところで釣ったものではないでしょう。
足下にこんな大きな魚がいるなんて、思いもよらないですよね。
こんな魚がいる、ということは、この巨体を維持できるだけの豊富な餌もある、ということ。
それだけ豊かなんですね、海が。
「Goliath Grouper」で検索すると、ほかにも1mくらいのサメを丸呑みしてるような動画なんかも見られたりして、いや、世界って広い! そう思わずにいられません。


さて。
お気づきのかたもいらっしゃると思いますが、また1台のリールをWebショップの店頭に並べました。
「オートシンクロドラグ機構」を搭載したクローズドフェイススピニングリール、「Abu 506」です。番頭としても意外なことに、これが当店でお売りする1台目の「506」になります。
説明にも書きましたが、若干、メカニカルノイズは大きいものの、傷がほとんどないブルーグレイのベルカバーがとても美しい1台です。

http://shop.maskingface.com/?pid=90447096

対象魚の大きさによっては、慣れるまで取り込みの際に若干、戸惑うことがあるかもしれませんが、「506」に搭載されたオートシンクロドラグ機構の構造とその動作は非常に興味深く、未体験のかた、一見の価値あり!ですよ。
もちろん、クローズドフェイススピニングリールとしての優れた使い勝手も味わえます。
ちなみに番頭、渓流ではこの「506」を選ぶことが多いです。
ここをご覧の皆さま、まだお持ちでないならば、この機会に1台、どうでしょう?
詳しい写真は、当ページのアルバムをご覧下さい。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1005881499445673.1073741892.637515319615628&type=1


なお、当店のWebショップでは、上記の「Abu 506」を含め、現在10台以上のリールを販売中です。

「Hello the Masking Face」Webショップ
http://shop.maskingface.com/

皆さまのご利用、お待ちしています。
それでは、「Hello the Masking Face」をどうぞご贔屓に。